様々な錠剤

治療に使われる

野菜サラダ

遠赤外線治療と好転反応

遠赤外線とは太陽光線の一部で目に見えない電磁波の一種です。波長が長い遠赤外線は物質の中まで光エネルギーが到達し吸収される特徴を持ち、深部から温め、さらに冷めにくいという効果があるのです。 この遠赤外線を利用した治療では、身体の不調の改善に様々な効果があり、多くの人が利用しています。 遠赤外線治療では主に、血流の改善、筋肉のコリをほぐす、疲労回復、冷え症改善、内臓の機能を高めるなどが期待され、また不妊や癌にも効果があると言われています。 遠赤外線治療を受ける際に注意することは、身体の機能が改善されるに合わせて一度身体が体調を崩すという好転反応という症状があらわれることがあります。身体の機能が治る上でアンバランスな状態にあることを示しているので、好転反応が出た時は無理をしない範囲での治療に留めることが大切です。

慢性的な痛みは遠赤外線で緩和されます

遠赤外線は人間にとって有効とされている波長が出ており、痛みが生じている部分に照射することで、温めることができるため治療に使われています。遠赤外線は基本的には温熱療法で使われることが多いので、家庭でも治療器具を手にいれれば使うことができます。 急性な痛みの場合は湿布で冷やした方が効果的ですが、慢性の痛みの場合は冷やしてしまうと逆効果になってしまいます。 遠赤外線を当てて患部を温めることで痛みを和らげたり、慢性的な症状を緩和させてくれます。冷ますとまた痛みが出てしまうときは、遠赤外線による長期治療を行うことで痛みの頻度も減ってきて全治に向かいます。温泉でも遠赤外線が花崗岩から出ているので、入浴することで腰痛や肩こり、関節痛等の痛みが緩和されます。

Copyright © 2015 身体の内側から綺麗になれる~美脚なスリム美人に~. All Rights Reserved.
Design by Megapx . Template by s-hoshino.com